ハーレーダビットソン

【6時限目】ついにテクノロジーの鬼がハーレー界にやってきた

投稿日:2017年4月9日 更新日:

どうもパセリです

前回キャブレーターのことについて勉強しました
【5時限目】キャブとインジェクション【キャブ編】

そしてインジェクション
キャブとはっきりと違うのは

インジェクションは電子制御になってるということです

ん?それなんだってばよ?

インジェクション

コンピューターによって混合気を調整して

エンジンに送り込む仕組みになっております

インジェクション

一般的にEFI(エレクトリック・フューエル・インジェクション)

といわれております

じゃ

キャブとなにがちがうのさ!!

ということなのですが

イメージ的に

さすがインジェクション
キャブにできないことを平然とやってのける
そこにシビれる〜アコガれる〜
と一目置かれてる仕様
キャブができないようなことを

テクノロジーで出来るようになったのです

キャブと比較していきますと
混合気の作り方なのですが
キャブよりインジェクションの方が綺麗です

なので始動性が抜群によく冬などにすんごい助かります

混合気を綺麗にうまく排出してくれるため

3ヶ月乗らなくたってすんなりエンジンがかかります

それと
燃費のよさ
最適な混合気をエンジンに供給することができるため
無駄なガソリンを使いません
不完全燃焼を起こすことも少なくまり
プラグのカブリ(ガソリンなどによりプラグが湿り火花が出ない症状)も少なくなりました

こうなってくると

環境にもよくなってきます

セッティング

低速から高速までなど、あらゆる走行シーンで最適な混合気を作ってくれるため、

キャブレターのようにセッティングに悩まされることがほぼありません!!!

これはすごいことですよね!

逆にメンテナンスフリー状態ですもんね!

最初にチューニングをしていれば

なにもしなくていい!!

エコでハイセンス!

まさに言うことなし

最強の「燃料噴射装置」となっております

インジェクションの歴史

ハーレーで初めて登場したのは1995年

エボリューションのウルトラモデル!

インジェクションが採用されていました。

エンジンがツインカムエンジンと新しくなっていき

ソフテイルやツーリングファミリーでインジェクションが採用されはじめ

とうとう2006年からはダイナファミリーが全車種インジェクション化されそして2007年モデルから全モデルがインジェクションモデルへと移行していきました
なので今のモデルはすべてインジェクションなのです。キャブもまたいいのですがインジェクションじゃないと

いまの排ガス規制や騒音規制に対応しきれないのかもしれませんね。

インジェクションはキャブのような乗り心地は無理だろw

っとか言われガチですが

セッティングとかチューニングとかで

対応できると思います

あとは人の好き好きなのではないかなと

思いまっせ^ ^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ハーレーダビットソン
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【愛車を守れ】盗難させない最強防犯グッズ7選【バイク盗難】

どうもパセリです 毎年5〜7万台以上・・・・ これなんの数字かわかりますか??? なんと、盗難に遭っているオートバイの件数なのです!!! 許せない事にこんなにも盗難に遭っているのです ここまでこれば常 …

【2時限目】ハーレーを勉強してみよう!!いきなりエボハーレーのお話し

どうもパセリです 2時限目のお時間です ハーレー初心者の初心者による初心者のためのブログをこころがけております   が。。。。 ここで急にエボハーレーを語りだす鬼畜モードに突入します &nb …

【まさに伝説】 FXR 【壮絶な最期を見よ】

どうもパセリです 今回 お話しさせていただくモデルは   FXR というモデルでございます 画像引用:https://goo.gl/images/w5XUbf これ伝説のモデルだったっんです …

【名車】みんなが憧れたショベルヘッド 人気の3つの理由【図鑑】

どうもパセリです ハーレーそれは・・・ オートバイのかっこよさがすべて入った・・・オートバイ。。。。。 ってわけではないのですがw かなりフィーリング重視のとても面白いオートバイだと思います そのハー …

【完全保存版】ヴィンテージハーレーの歴史【ナックル】

どうもパセリです 今回はヴィンテージハーレーの大御所のナックルエンジン師匠を大解剖していこう思います ナックルエンジンとは 1936~1947年までハーレーを支えていた歴史あるエンジン 今だとナックル …

パセリです。

パセリのような食べてもらえなくてもお皿にないといけないような
円熟の鑑となる存在になるために日々精進しております
そしてこのブログではバイクのことやバイクの中でも特別なハーレーダビットソンについて
勉強していこうと思っております
まだまだバイクについては初心者なのですがこのブログが進むにつれて
玄人になっているように頑張ります
そしてみなさんも一緒に勉強していけるとうれしいです