ハーレーダビットソン

【何それ?】FLSTNソフテイルデラックス【ノスタルジア??】

投稿日:2017年4月19日 更新日:

どうもパセリです

今回はFLSTNソフテイルデラックス)について語りたいと思います


画像引用:https://goo.gl/images/odH9f9

 

FLSTN

文字から見れば

FL→これはどっしりとした佇まいですよね

ST→これはソフテイルって意味ですよね

N→N。。。

Nってなに?

Nってなんだよ!!

デラックスだからDじゃないのかよ!!

って思いの皆さん!!

今回僕がその疑問を適当に解決しますよ〜〜〜

スポンサーリンク
FLSTNこのモデル実は1993年のエボリューション時代に登場しています

その時の名は

ヘリテイジソフテイルノスタルジア

でた!!Nの正体だ!!!!!

NはノスタルジアのNだ!!
絶対そうだ!

そっからデラックスになったんだ!!

なんでだよw

 

なんでノスタルジアからデラックスになったんだよw

わけわかんないだろ!

けどこのノスタルジア結構いいモデルです

ノスタルジア→ノスタルジー異郷から故郷を懐かしむ事や過ぎ去った時代を懐かしむこと

つまりこのFLSTNを見ると昔のハーレーを懐かしむという事
その哀愁を忘れないためにこのノスタルジースタイルを継承したモデル

それが

デラックス(高級)

ということにします

を言ってるかわからないと思いますが
俺もなにをいってるかわからない

デラックス。。。。。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。。。。。

ポルナレフ状態です


画像引用:https://goo.gl/images/BQHQlA

ゴ、ゴホン

話を戻します

1993年のFLSTN

これエボ時代シートとサドルバックに毛皮を貼り付けております
そしてゆったりと乗れるような設計
シートもでかいです
サドルバックもいい感じの大きさ
タンクもかなり大きく5ガロン

リットルでいうと19リットル

普通のタンク容量より1.5倍くらいのデカさがあります

想像以上のデラックス加減

このデラックス加減が
いまのFLSTNソフテイルデラックス

の由来なんだろうと確信しましたw

違うか笑

いまのソフテイルデラックスは毛皮のシートなどもちろんないですが

純粋なノスタルジーな美しさが出でおります

ホワイトウォールタイヤ
フルスカートのメタルフェンダー

クローム仕上げの大型ヘッドランプ

もうこれノスタルジー決まっちゃってるでしょ!!

うんうんそうだそうだ!!

ソフテイルのフレーム自体大きいので
このくらいガツンとした大きさの方がいいのです
そしてコテコテしないつくりで

ほんと美しいの言葉が合うモデルになっていると思いますよ

魅力のつまったFLSTN

いまの時代にも合ういいバイク

もしエボ時代のFLSTNがあれば買いかもしれませんね笑
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ハーレーダビットソン
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ラッシュモアでツーリングモデルが大きく進化した

どうもパセリです 前回の続きでございます まだ読んでない人はこちらから 【ハーレー】全世代の人にオススメするストリートグライド【ツアラー】 いつまでも走っていられるツアラー いつまでも降りずに快適なバ …

【6時限目】ついにテクノロジーの鬼がハーレー界にやってきた

どうもパセリです 前回キャブレーターのことについて勉強しました 【5時限目】キャブとインジェクション【キャブ編】 そしてインジェクション キャブとはっきりと違うのは インジェクションは電子制御になって …

【VESPA】オシャレなベスパに乗ろう【ローマの休日】【探偵物語】【銀魂】

どうもパセリです 今回は個性的なバイクのことを勉強していきます そして今回のバイクは VESPA 画像引用: https://goo.gl/images/Hh7VAJ とってもかわいいバイクです なん …

【あなたの愛車大丈夫?】インジェクションチューニングをしておいた方がいい理由

どうもパセリです さぁ前回に見た目にこだわるカスタムにするのであれば チューニングをお勧めしました。 【カスタム】ハーレーの吸気と排気 パフォーマンスUP【チューニング】 では、カスタムをしていない …

ピース綾部さんついにニューヨークへ【ところでXLCRはどこにいくの?】

どうもパセリです 売れっ子芸人のピース綾部さんが 2017年の4月からニューヨークに移住するということを発表しました。   前々からの夢らしく ニューヨークで英語を勉強してコメディアンになり …

パセリです。

パセリのような食べてもらえなくてもお皿にないといけないような
円熟の鑑となる存在になるために日々精進しております
そしてこのブログではバイクのことやバイクの中でも特別なハーレーダビットソンについて
勉強していこうと思っております
まだまだバイクについては初心者なのですがこのブログが進むにつれて
玄人になっているように頑張ります
そしてみなさんも一緒に勉強していけるとうれしいです