ハーレーダビットソン

【2時限目】ハーレーを勉強してみよう!!いきなりエボハーレーのお話し

投稿日:2017年4月4日 更新日:

どうもパセリです

2時限目のお時間です

ハーレー初心者の初心者による初心者のためのブログをこころがけております

 

が。。。。

ここで急にエボハーレーを語りだす鬼畜モードに突入します

 

 

エボハーレー

エボハーレーというのは1984〜1999年ごろに発売されていた車種の名称です
このころのハーレーダビットソンはショベルエンジンに変わる新エンジンをデビューさせました。
それがエボリューションエンジン
日本企業の生産管理に学んだ高品質とメンテナンスフリーを実現し
 
いままでと圧倒的に違うのはケース、シリンダー、ヘッド、ロッカーカバー全てをアルミにしました

オールアルミ化により軽量化と放熱性が大きく向上しました

ちょっとまって!このままいくんすか??

まったくわかんないんすけどっw

まず急にエボハーレーって言われてもわからないし年式で言われてもイマイチイメージ出来ないしもう何をおっしゃってるかわかりませーーーん
 
お気持ちは分かります!!ですがここではエボハーレーのことについて語らせてくださいーーーーー
 
1時限目でエンジンがたくさんあるよってお話はさせていただきましたがそこでいっていたエボリューションという種類のエンジンのお話です。

とその前にいろいろと名前がついてたエンジンの説明をざっくりさしてもらいましょう

いろんな種類のエンジンがありますけど

パセリ的ハーレー三大エンジンがあります

  • ナックル
  • パン
  • ショベル
  • エボリューション

いやいや四大なっとるやんwww

 

エボリューション入れたくていれましたw

ほんとは

  • ナックル
  • パン
  • ショベル

です

これはパセリ的三大エンジンなので個人差はあるとおもいます

これがハーレーを代表するエンジン
古き良きエンジン
もはや伝説と化したエンジン

ではなかろうかと思います

ってか言っちゃえば旧車です!!

今の時代だともう手に入りにくいハーレーだと思われます

ってかエンジンってどうちがうの?

それはね見た目です

もちろん中の構造もありますが(排気量とか)
ってか構造ですよ本当はw

もう見た目がかなり違います

けどほんとに大事なのは中身(スペック)ですよ!

けどなんも分からない僕は

 

『排気量が○○○になって〜

軽量化に成功して○○○kgになって〜』

どうでもいい!!!

いやwどうでもよくないけどそんなことはまだ気にしない!!

見た目(デザイン)が変わるなら

今はそれだけに着目しよう!!

まずは

ナックルエンジン


画像引用:https://goo.gl/images/xPYvbJ

ロッカーカバーの所がナックル(拳)の形をしているですねー

ハーレーに関わらずバイクって

ワイルドとか無骨とかだいたい

黒色の背景に横顔決めて外人がタバコ吸ってるポスターをイメージするのですが

ナックルはそのイメージ通り!!
造形も美しいですし見てるだけでワクワクします^ ^

そしてナックルから初めてのビックツイン!

ビックツイン

ハーレーのエンジンというのは2気筒というのはお分かりですか?


画像引用:https://goo.gl/images/8g4JJn

ここの部分がV字になっているからツイン!

ビックっていうのは

 

でっっっけぇーーー

ってこと!!

だからビックツイン!!

なにがデカイのかというと

そりゃスケールでしょ!

いや生き様とかか?
いや三『大』エンジンのビックかもしれん!!

とか思いでしょうが

排気量がデカイからビックツインとか言われております

んーー?

つまりビックツインという言い方じゃなくて

ジャンボピース

って名称でも良かったんじゃねぇ???と私は思うわけです。
ジャンボピースエンジンまぁ絶対に流行らない呼び名ですな笑

パンエンジン


画像引用:https://goo.gl/images/1Nh5Ln
パンって??あの食べるパン?

と思いでしょうな!!

正解です!!w

そうなんです

食べるパンなんです

昔昔、アメリカ人は鍋(パン)でパンを焼いて食べていました。

そこでパンを焼いてた鍋(パン)にすごく似ているということでパンヘッド!!

あっ

食用のパンじゃなくてキッチン用品のパン(鍋)だった、、、いま気づきました

これも古き良きハーレーの黄金時代を支えた
おしゃれなエンジンの1つ

いやぁー造形が素晴らしいですね←

なんか大事な事を忘れている気がするがまぁいいか。。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ハーレーダビットソン
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【カスタム】ハーレーの吸気と排気 パフォーマンスUP【チューニング】

どうもパセリです ハーレーを購入した場合まず気になることがどこをカスタムするか。。。 このカスタムをしたい。。。 という欲望を抑えることはできません 自分仕様にどうカスタムするか悩むのも また楽しいオ …

【完全保存版】ヴィンテージハーレーの歴史【ナックル】

どうもパセリです 今回はヴィンテージハーレーの大御所のナックルエンジン師匠を大解剖していこう思います ナックルエンジンとは 1936~1947年までハーレーを支えていた歴史あるエンジン 今だとナックル …

【6時限目】ついにテクノロジーの鬼がハーレー界にやってきた

どうもパセリです 前回キャブレーターのことについて勉強しました 【5時限目】キャブとインジェクション【キャブ編】 そしてインジェクション キャブとはっきりと違うのは インジェクションは電子制御になって …

【最高傑作】サスペンションを選ぶならオーリンズ【乗りごごち最高】

どうもパセリです 今回はサスペンションを選ぶなら誰もが憧れる オーリンズ ということでオーリンズのサスペンションの良さをただひたすら解説していこうと思います スポンサーリンク サスペンション 路面から …

【超極上】ヘリテイジスプリンガーFLSTS【○白?】これが100%中の100%オォォォォ

どうもパセリです 今回は一つ一つのモデルに着目して説明していこうと思います そして今回はFLSTS その名も ヘリテイジスプリンガー   というモデルです もうこれかなりのお宝バイクです ス …

パセリです。

パセリのような食べてもらえなくてもお皿にないといけないような
円熟の鑑となる存在になるために日々精進しております
そしてこのブログではバイクのことやバイクの中でも特別なハーレーダビットソンについて
勉強していこうと思っております
まだまだバイクについては初心者なのですがこのブログが進むにつれて
玄人になっているように頑張ります
そしてみなさんも一緒に勉強していけるとうれしいです