ハーレーダビットソン

【ハーレー】パーツのメーカーを覚えよう【カスタム】

投稿日:2017年6月9日 更新日:

どうもパセリです

今回はハーレーダビッドソンにまつわるパーツメーカーについて勉強していこうと思います

各パーツメーカーやパーツブランド
それぞれの良さがあるのでそれも一緒に掘り下げていきましょう!!!

スポンサーリンク

まずはシート

シートをカスタムするだけで見た目も変わりますし足付きも良くなります

まずカスタムするならシートと思うほど
カスタムには重要なパーツなのです

シートのブランドを紹介していきましょう

Le pera(ラペラ)


画像引用:https://goo.gl/images/Z4cfyR

ハーレーのシートといえばラペラ

派手すぎないで綺麗に仕上がってるシートという印象です
ハーレーをもうステージ上げたい方はラペラのシートが鉄板ですよ
丁寧に作り上げられるシートは高い品質を誇っており、座り心地も抜群なのです

ほんとに上品にカスタマイズしてくれるラペラ
とりあえずラペラにしておけば間違いはなさそうだ


画像引用:https://goo.gl/images/Cu6bNu


画像引用:https://goo.gl/images/jEUdPg

 

Mustang(マスタング)


画像引用:https://goo.gl/images/9UIVDt

 

高品質ハンドメイドシートマスタング
マスタング社は40年にも渡りカスタムシートを作り続けている超老舗中の老舗です

シート表面の縫製から仕上げまで職人の手によって丁寧に作り出されております

キングオブハンドメイドシート

シートに使用しているウレタン素材も独自の高反発なウレタンフォームを開発して極上な座り心地を実現さしました

シートの骨格ともいえるペースプレートは足付き性を向上させるために入念にテストしており
スリムで無駄の無いデザインを可能にし
純正シートよりはるかに快適性を実現させております

マスタング

こちらのブランドもかなりの高品質を誇っております

日本の規格ではないハーレーのシートだと
シートの幅が大きく作られていてハーレーのフレームを見せないようになっております
ですが日本人の体格ですと足が広がってしまうので足付き性が悪くなってしまいます

それだと危ないのでシートは無駄を抜き取ったマスタングのようなシートがいいですね


画像引用:https://goo.gl/images/Qy6Cz0


画像引用:https://goo.gl/images/92KbfG

 

続きましてはマフラー


画像引用:https://goo.gl/images/3c9XJX

やはりマフラーは変えなくていけないパーツ
ハーレーは音にこだわりたい

その中でも音サウンドが素晴らしいメーカーを紹介します

VANCE&HINES(バンス&ハインズ)


画像引用:https://goo.gl/images/nMxnAR

ハーレーのマフラーといえばバンス&ハインズ
いわゆる北米マフラーですね

まずバンス&ハインズも当然ながら高品質高性能

各種のレースで勝利などしております
そして、クオリティーをどんどん上げていき品質とパフォーマンスを追求しているメーカーです
ハーレー用のカスタムマフラーの中では音量が控えめとされる北米マフラー

大体100デシベル前後と言われております

といっても車検には通らない音量なんですけどね

ですがバンス&ハインズは違います
最大で125デシベル

近隣住民から通報されるほどの爆音ともなり得るのです
近所迷惑はダメですが

ハーレーはやはり独特の鼓動感と音に尽きると思うのでハーレーに乗ってドカドカ言わせるのであればバンス&ハインズのマフラー

一択だと思いますねー


画像引用:https://goo.gl/images/H9zEFT


画像引用:https://goo.gl/images/nFjt7m

 

FREEDOM PERFORMANCE(フリーダムパフォーマンス)


画像引用:https://goo.gl/images/pKhvSQ

ハーレーに必要なのはやはり音
そして、音も男らしい重低音

重低音を響かせながらハーレーを走らせる幸せってたらありゃしません

そして、ただ音も大きくしただけではなくてその中での低音が非常に心地よく響いてくれたらもう言うこと無しですよね

それを可能にしたのがフリーダムパフォーマンス

ハーレーのホームグラウンドである
カリフォルニア州に本店を置くフリーダムパフォーマンス
まさにアメリカらしいパワフルないかついサウンドを奏でてくれます


画像引用:https://goo.gl/images/9pGyHK


画像引用:https://goo.gl/images/8ptkiC

 

シートで見た目や足付き性をよくし

マフラーで走る喜びや楽しさを見出し

次はグリップやハンドル

見た目やポジションを変えていきます
その中でも好きなパセリがメーカー

Kuryakyn(クリアキン)


画像引用:https://goo.gl/images/EE9ika

クリアキンの何が凄いかって革命的なデザインです

商品単体で神棚に置いて置きたくなるような魅力的なパーツばっかです
カスタムパーツといえばクリアキンです
一箇所クリアキンのパーツにカスタムするだけで

カスタムしてるなぁー

って感じになります

そして、全てをクリアキンにしたら

注目度100%
その独創的なカスタムに酔いしれます

中でもクリアキンといえばクロームパーツ

クロームパーツの美しさで高級感を出し
神々しいカスタムにすることだって出来ます
中でも好きなパーツは

ハンドルスイッチカバー


画像引用:https://goo.gl/images/6Csfw0

これでピカピカなカスタムを目指しましょう

そして
グリップ

ISOグリップ


画像引用:https://goo.gl/images/9ADePb

プニプニした不思議なグリップ

これぞクリアキン

そして

ゾンビグリップ


画像引用:https://goo.gl/images/aJ9l5F

高級感漂いますねぇー

 

などなど
クリアキンは

カスタムパーツの王様みたいな印象を受けているパセリ
まさに見てるだけで惚れ惚れするパーツメーカーなのではないでしょうか

 

まだまだ紹介しきれないパーツメーカーはありますがハーレー初心者にはこのぐらいで笑

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ハーレーダビットソン
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ハーレー】全世代の人にオススメするストリートグライド【ツアラー】

どうもパセリです 今回はツアラーについて記述していこうと思います ハーレーのツアラー これは、ツーリングにかかるストレスを最大限取り除いてくれる革命的ハーレー 陸が続く限り どこまでも走れるように設計 …

1984年から登場しているソフテイルが今も人気の3つの理由とは???

どうもパセリです ソフテイルというモデルは1984年デビューして以来2020現在まで発売しています そしてこれからもまだまだその勢いはとどまることはなく ハーレーの主軸となり バイク界を牽引していく存 …

【愛車を守れ】盗難させない最強防犯グッズ7選【バイク盗難】

どうもパセリです 毎年5〜7万台以上・・・・ これなんの数字かわかりますか??? なんと、盗難に遭っているオートバイの件数なのです!!! 許せない事にこんなにも盗難に遭っているのです ここまでこれば常 …

【デデンデンデデン】ファットボーイ FLSTF【ターミネーター2】

どうもパセリです 今回 紹介するハーレーのモデルは FLSTF ファットボーイというモデルです!! 画像引用:https://goo.gl/images/1BN7ZP スポンサーリンク   …

【上位互換?】ストリートロッドってどうなの???【下位互換?】

どうもパセリです 前回ストリート750 について記述しましたが 記述はこちら→【話題】ストリート750で走りたい【注目】 その独創的溢れるハーレーストリート750 に関心しておりましたが それをも超え …

パセリです。

パセリのような食べてもらえなくてもお皿にないといけないような
円熟の鑑となる存在になるために日々精進しております
そしてこのブログではバイクのことやバイクの中でも特別なハーレーダビットソンについて
勉強していこうと思っております
まだまだバイクについては初心者なのですがこのブログが進むにつれて
玄人になっているように頑張ります
そしてみなさんも一緒に勉強していけるとうれしいです