ハーレーダビットソン バイク

【ハーレーだけじゃない】海外のバイク特集

投稿日:2017年8月7日 更新日:

どうもパセリです

今回は海外のオートバイ特集です

パセリになりたいのブログでは主にハーレーの記事が多く
その他のオートバイについてはあまり触れませんでした

ブログ管理人のパセリは

ハーレーだけじゃない

という所をお見せしましょう!!

スポンサーリンク

 

TRIUMPH(トライアンフ)


画像引用:https://goo.gl/images/tR2jHM

1902年に誕生した老舗のバイクメーカー
市販のバイクはもちろん、レースでも活躍した英国ブランド

トライアンフの中でも「ボンネビル」
は59年の登場以来、大爆発スマッシュヒット

ロッカーズスタイル

というスタイルの流行を牽引しました

トライアンフ
通称「トラ」

最初、僕が最も欲しいバイクメーカーでした

トライアンフのボンネビル


画像引用:https://goo.gl/images/NEYPCa

このクラシカルな雰囲気が気に入り
将来的に絶対乗るであろうモデルです

そして、ロッカーズスタイル


画像引用:https://goo.gl/images/8BQHWz

なんですかこれは・・・

めちゃくちゃかっこよくないですか???

いわば、ヨーロッパの不良のスタイルですが

やっぱりバイクはそうでなくちゃ!!!

この人たちが何をやっていたのか分かりませんが
スタイルはかっこいいに越したことはありません

ダークな雰囲気だからこそバイクの価値が上がるんですよ

トライアンフの「ボンネビル」はこの
ロッカーズスタイルの走り

ボンネビルでこのスタイルでみんな走っていたんですね

ボンネビル以外にも有名なバイクはあります

SURAMBLER(スクランブラー


画像引用:https://goo.gl/images/rNhRtH

結局おしゃれなバイクです

ハーレーとはまた違うファッション性がえぐいバイクです

ただただ、かっこいい

かっこいいというのか
なんかしっくりくる

いつまでも見てられるバイクです

ネオレトロなクラシックバイクです

STREET TRIPLE(ストリートトリプル)


画像引用:https://goo.gl/images/US5nDg

街にも行けて、山にも果敢に攻めれる
オートバイク

アドベンチャーのトライアンフ

これがどう国産のバイクと違うのか気になります

ミドルファイターとして世間にでました

ROCKET III


画像引用:https://goo.gl/images/6yhLWT

最大排気量2294cc

車体重量334キロ

なんとも筋骨隆々な車体

この排気量でもちゃんと制御でき
快適な運動性能を実現させた
夢のバイクです

 

DUCATI(ドゥカティー)


画像引用:https://goo.gl/images/BufJzf

1926年にラジオ製造会社として創業

のちに、1946年にバイク事業へ参入しました

スポーツというカテゴリーを超えて
ドゥカティーというカテゴリーを作ったと言えるほど

華麗なスポーツバイクを作るバイクメーカー

スポーツバイク以外にも
ネイキッドやデュアルパーパス、クルーザーまで高いスポーツ性を現実させました

あんまり知識がない時の僕のドゥカティーに抱く印象は

世界最速のバイク

なんで、こんなイメージを持ったんだろう???

あっそう言えば
先輩のハーレー乗りの方が
ドゥカティーの試乗会に行きサーキットでドゥカティーの乗った所
早すぎてビックリしたとの話しを聞いたからだ笑

今、考えるとハーレーからドゥカティーを比べると
速さは桁違いですからねぇ〜

しかし、そこからドゥカティーに興味を持ち出しました

僕は速いバイク?

いわゆるスポーツタイプのバイクはあんまり興味がなく

外車ならハーレー

カワサキならNinjaよりW1

クラシカルな雰囲気が好きで結局僕も「エストレヤ」を購入したのですが・・・

走っているうちに「速さ」が気になりだし
速いバイク・・・
一体、どんな乗り物だろうと興味が出て来ました

興味を持ったらあら不思議
スポーツタイプの雰囲気は興味なかったはずなのに

すんげーカッコよく見えてしまいます

ほんとにかっこいいんですよ

バイクはバイクでも全くキャラクターが違うバイク

これはもう別の乗り物のような気がしますw

ドゥカティーもまた不思議な魅力のある
オートバイメーカーです

Diavel(ディアベル)


画像引用:https://goo.gl/images/pVDq5j

まさにドゥカティーの顔というイメージ

悪魔(Diavel)と名付けられるほどの
最強のネイキッドモデル

やはり、バイク乗りはダークな雰囲気が好きなのですね

否、ダークな雰囲気が合う

乗ってください

最強ネイキッドと言われる理由が分かります

Monster(モンスター)821


画像引用:https://goo.gl/images/JK50eC

世界的に人気の高いミドルレンジのレイキッドスポーツ
性能もさることながらその扱いやすいモデルから
人気はくしている

これもTHE DUCATI ですね

姿勢が早く走る形ですもんね

アクセルを回すだけ早くなるモデルですが
そんな仕様じゃなくても
前傾姿勢で突っ走るモデルですね

BMW(ビーエムダブル)


画像引用:https://goo.gl/images/PWpKiZ

革命的で安全機構を生み出し続けるドイツの鑑
でございます

車だけではございません

バイクもあります。BMW

ロゴがかっこいいですねとても

僕のイメージでは、バイクがいちいちゴツいw

そしてそのゴツさがとてもかっこいいですね
強そうなバイク

その強さの中に繊細な美しさも見えます

なんか、芸術のBMWと個人的な印象ですね笑
意味わかんないと思いますけど
パセリはそうおもうのですw

ドイツの科学は世界一ィィィィィィイ


画像引用:https://goo.gl/images/XZGJco

ということで

テレスコピック式フォークの発明を始め
ABS,トラクションコントロールなどの電子制御技術、テレレバーや
ディオレバーなど安定性に優れる独自機構を積極的に採用することで
高い安全性を持つ開発し続けてきました

シュトロハイム閣下の言ってることはあってたんですね
開発の技術はさすがの一言

ドイツ発祥のバイクメーカーの時代を生き抜くバイクは一見の価値ありです

R1200RS


画像引用:https://goo.gl/images/iuaWhB

BMWの伝統を受け継ぐ
正統派スポーツツアラー

速いし、遠くいくのもお手の物

BMWはツーリングに向いてる車種がイメージに合うなぁ〜
と思っていたんですけど

その通りでした

スポーツなのにツアラーまで兼ね備えてる
スーパースポーツ

BMWといえばこれですよ

新機種も出ています

Rninet/Scrambler


画像引用:https://goo.gl/images/L6Xwr2

でたよ!もうそりゃかっこいいよ

なんで、こんなカッコよくなるんだ

カスタムも自在のスクランブラースタイル
ヴィンテージと高級感が両立するスタイル

価格は192万5000円

なんで端数5000円なのか分かりませんw

どうせ、ディーラーいったら5000円値引きしてくれるんでしょう???

INDIAN(インディアン)

アメリカ最古もモーターサイクル

ハーレーよりも前にオートバイを作ったことで有名です

もはや伝説のアメリカンブランド

しかし、営業が不振、ハーレーダビットソンとの二極化により
50年代にその歴史に幕を下ろしました

しかし、2011年に世界的なATVメーカーでありヴィクトリーを生産する
ポラリス社の経営体制により生産を本格化しました

見事、復活を果たした
伝説のサイクルモーター

やっと帰って来てくれた

という所ですかね

ハーレーじゃないんですけど
ハーレーよりもハーレー

みたいな

夢だけど夢じゃない

みたいな

トトロのようなブランドですね

画像引用:https://goo.gl/images/DAhCyc

そんな幻想的な雰囲気を兼ね備えたオートバイ
インディアン

これを知ってるのと知らないのでは
箔「はく」が違う気がするのです

Chief Vintage(チーフ ヴィンテージ)


画像引用:https://goo.gl/images/7JXSV9

ついに復刻されたモデルは
本革製のシートやバック
旧車テイスト溢れるモデル

しかし、重量は379キロ

かなり重いですね

しかし、旧車といえど
ABSやそれぞれの安全な面を兼ね備えたインディアン

昔のインディアンおも復活させたこのモデル
伝説のモデル

Newのモデルは

Scout SIXTY


画像引用:https://goo.gl/images/H8vsiJ

スカウトに一層磨きをかけた最新ライトクルーザー

エンジンは999ccの割りかし馴染みやすいモデル

まさにライトクルーザー
そして、値段も153万の以外にお手ごろな価格

フェンダーも「エスカルゴフェンダー」
この特殊差もインディアン独特な物じゃないでしょうか

画像引用:https://goo.gl/images/mSbKDx

海外のバイクも
ハーレーだけじゃなく

もっと色々とあるのが分かりましたね

そして、これからいろいろと欲しい車種が見つかりました

どうせ、生きているのなら
全世界の車種に乗ってみたいものですね

ありがとうございます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ハーレーダビットソン, バイク
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【2018年】HARLEY-DAVIDSON なんじゃこりゃ!?なSOFTAIL

どうもパセリです ハーレーの2018年のモデルが発表されました!! フルモデルチェンジした新生ハーレーダビットソン それが2017年8月23日(水)に販売開始されました もう今現在、店頭に並んでいるん …

【完全保存版】ヴィンテージハーレーの歴史【ナックル】

どうもパセリです 今回はヴィンテージハーレーの大御所のナックルエンジン師匠を大解剖していこう思います ナックルエンジンとは 1936~1947年までハーレーを支えていた歴史あるエンジン 今だとナックル …

【さよなら】W800 カワサキWシリーズが教えてくれた事【クラシカル】

どうもパセリです 今回はさよならW800と題しまして W800のことについて記述したいと思います。 W800とは? カワサキのバイクのモデルです 画像引用:https://goo.gl/images/ …

【いくらあれば買える?】超高額なヴィンテージハーレーの世界【稼げるハーレー】

どうもパセリです 前回に稼げるバイクと称して 高額な日本のバイク いわゆる絶版車のことについて話さしてもらったのですが 【なんでこんな高いの?】お宝バイク特集 それは日本だけではございません 世界でも …

大型車の取り回し方

どうもパセリです 今回はかなり重いオートバイの取り回し方についてです 重量が300キロを超えるようなバイクを取り回す時ってかなり怖いですよね 僕も重いオートバイを取り回すことはそこまでないのですけど …

パセリです。

パセリのような食べてもらえなくてもお皿にないといけないような
円熟の鑑となる存在になるために日々精進しております
そしてこのブログではバイクのことやバイクの中でも特別なハーレーダビットソンについて
勉強していこうと思っております
まだまだバイクについては初心者なのですがこのブログが進むにつれて
玄人になっているように頑張ります
そしてみなさんも一緒に勉強していけるとうれしいです